おうみ未来塾

(Human Resource Development Services)

地域社会の課題を発見し、解決のための方策を考え、そのための活動を実践する人「地域プロデューサー」が育つことを目指し、おうみ未来塾を開講しています。

「おうみ未来塾」とは

市民活動やNPOが地域運営の一翼を担う時代となった今、創造力とネットワ-クにより、企業や行政だけでは解決できない地域課題に取り組む人が求められています。おうみ未来塾は、こうした地域課題に取り組む「地域プロデュ-サ-」が育つ塾を目指しています。「地域プロデュ-サ-」とは、地域の課題を発見し、解決のための方策を考え、そのための運動や事業をおこすことのできる人です。言い換えれば、市民力、事業力、ネットワ-キング力を兼ね備えた人のことです。おうみ未来塾では、こうした地域プロデュ-サ-に求められる能力を養うことを中心に取り組みます。

おうみ未来塾の特徴

(1)塾生の主体的な参加による塾づくり
塾生の主体的な参加により塾活動の企画運営を行います。カリキュラムの骨格を示しつつ、塾生の意向と学びの状況を踏まえ、柔軟性のある「可塑性をもったカリキュラム」を基本としています。

(2)多彩な塾生で構成
地域や分野、所属、世代を越えた多彩な塾生で構成します。地域を創る共通の思いを持つメンバーが、グループワークやディスカッションを重ねながら互いに高めあっていきます。

(3)地域や活動の現場からの学びと実践
講義を聴くだけでなく、市民活動やNPO・まちづくりの現場のフィールドワークを通し、草の根から地域や社会を変えるものの見方や考え方を学びます。塾活動後半には、「地域プロデューサーのための実践を学ぶ場としてグループ活動」を行います。

(4)幅広いネットワークの形成
地域や市民活動のキーパーソン、企業や行政、また、それぞれの地域で活躍する卒塾生など、多様な主体との幅広いネットワークづくりを目指します。

コース概要

受講期間は、原則として16ヶ月です。

【基礎実践コース(6月~12月予定)】
各地でのフィールドワーク(県内外の市民活動の場・卒塾生の活躍の場)を中心に、概ね月1~2回の本講義とサブ講座を行います。

【創造実践コース(1月~12月予定)】
フィールドやテーマにより、塾生数名からなるグループを編成し、現地調査や考察・実践等の「地域プロデューサーのためのグループ活動」を行います。
2月頃にグループ活動目標発表会、6月頃には中間報告・相談会、12月には成果報告会を行います。

おうみ未来塾 新着情報

おうみ未来塾 新着情報は >>>こちら

おうみ未来塾 塾生募集

今期(15期)の募集は終了いたしました。

次年度の塾生募集(16期生)は2020年5月1日~2020年7月15日を予定しております。

【16期生スケジュール ※予定】
募集   :2020年5月1日~7月15日
開講期間 :2020年8月末~2021年12月
(入塾式:2020年8月末、卒塾式:2021年12月)

おうみ未来塾 塾生募集情報は >>>こちら