塾長

 

北村裕明氏
(おうみ未来塾塾長/滋賀大学 経済学部 特任教授)

1953年生まれ。1976年京都大学経済学部卒業。1981年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。1981年滋賀大学助手、講師、助教授を経て、1996年より教授。2010年より2016年3月までに滋賀大学理事・副学長。財政学・地方財政論非営利組織論を担当。主な著書に、『現代イギリス地方税改革論』(共編著)日本経済評論社(1998)、『現代社会と非営利組織』淡海文化振興財団(2000年)、『経済経営リスクの日中比較』(共編著)サンライズ出版(2009年)他。
1999年より2002年および2004年より2010年まで、おうみ未来塾委員長。2010年より、おうみ未来塾塾長。

アドバイザー

 

岡﨑昌之氏
(おうみ未来塾アドバイザー / 法政大学名誉教授)

岡山県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。(財)日本地域開発センタ-企画調査部長を経て、1994年から2000年まで福井県立大学。2001年より2015年3月まで法政大学現代福祉学部・大学院人間社会研究科教授。2015年4月より同大学名誉教授。専門は地球経営論。コミュニティ政策論。自治体学会顧問、地域づくり団体全国協議会会長、まちづくり市民財団理事、域学連携ネットワーク顧問(総務省)、国土交通省国土審議会政策部会専門委員、他歴代。著書として、「都市地域経営」(共著)放送大学、「地域づくり読本」(共著)ぎょうせい「自治体の首長」(共著)ぎょうせい、「地域の自立と共生」(共著)ぎょうせい、「地域は消えない~コミュニティ再生の現場から」(編著)日本経済評論社 他。
1999年より2010年まで、おうみ未来塾運営委員。2010年より、おうみ未来塾アドバイザー。

アドバイザー

 

藤井絢子氏
(おうみ未来塾アドバイザー / NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク代表)

上智大学文学部卒業。1971年滋賀県守山市に転居後、湖南生協に参加。以後、石けん運動などに携わり、1989年2009年の間、環境生活協同組合理事長。NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク代表。リサイクルせっけん協会会長、環境省中央環境審議会委員、バイオマス活用推進専門家会議委員、内閣府地域活性化伝道師、日本グランドワーク評議員、日本環境会議理事などの委員を務め、環境問題全般について活躍中。2014年「地域づくり総務大臣表彰・大賞」受賞。1999年より2010年まで、おうみ未来塾運営委員。2010年よりおうみ未来塾アドバイザー。

 

 

アドバイザー

 

藤田知丈氏
(おうみ未来塾アドバイザー / 暮らシフト研究所 代表)

おうみ未来塾7期生時代のご縁から、姉川源流・奥伊吹の山里に移住して「暮らシフト研究所」を設立。“心も身体も環境も持続可能な暮らしの実現”をめざして研究&実践活動中。得意分野は自然農、自伐型林業、食養生、環境保全、地域再生、情報デザイン、野外活動など。

 

 

 

 

 

アドバイザー

 

根木山恒平氏
(おうみ未来塾アドバイザー / NPO法人碧いびわ湖 常務理事)

舞台芸術業時代に訪れた栗東さきらが縁で、2004 年に滋賀に移住。2005年〜おうみ未来塾 7 期生。農村地域で江州音頭に親しみ、地域活動に関わる。2008 年より環境生協(現・碧いびわ湖)にて草の根住民活動オーガナイザー。守山で家族 4 人で暮らす。